illustratorの持つ能力機能の中で一番便利なのがレイヤー。

この機能を持っているソフトは他にもありますが、いくつものオブジェクトを描くIllustratorにおいては、一番重要な操作である、『オフジェクトを管理する』ときに大きな力を発揮します。  

ADBE_TV レイヤー ADOBE@TV

ADOBE@TVは動画で操作を解説してくれる便利なサイトです


レイヤーとは『階層』のことで、写真や文字の重なりを管理するのに便利なのがレイヤー機能です。

もし、『劇場の名前』が地図に表示されている『道』や『建物』の下にあったら、読むことができません。
レイヤーは、このようなことを管理するための機能ですが、実際には、レイヤーに分けてオブジェクトを作成しても、作成順で『階層』はできてしまいます。

そのため、基本的にグループごとでレイヤーを作り、そのレイヤーの中でオブジェクトを作成するときは、上下関係に注意して作成してゆきましょう。、


number4_2 Illustratorの使い方を学ぼう  [CS6で解説]
スペーサー


number4_2 地図の描き方(基本編)  
スペーサー
実際に地図を描いて見ましょう。

number4_2 地図の描き方(応用編)  
スペーサー
出来上がった地図も、少しの工夫でもっとわかりやすくなります。

number4_2 デザイン地図に挑戦  
スペーサー
いろいろなデザイン地図をご紹介します。