三鷹の森ジブリ美術館は、都内でも有数の『チケットが取れない美術館』。

でも、中に入らなくても、十分に宮崎駿の世界を堪能できる場所があります。

それがお隣のテニスコートとの間の道。

そこからジブリ美術館を見上げると、屋上から見下ろしている『天空の城ラピュタ』に出てくるロボット兵と目があいます。

ラピュタ ロボット兵


彼は、長い間ラピュタの空中庭園を見守り続けてきたのですが、今度はジブリ美術館を見守っているんですね。

ちなみに、このロボット兵とナウシカの巨神兵を混同している人がいますが、彼は大地を焼き尽くすよなひどいことはしません。