「カップルでボートに乗ると別れる」

都市伝説としては定番で、日本中の池や湖で言われ続けていますが、もちろん、ここ井の頭公園でもその都市伝説はささやかれ続けています。

井の頭公園_スワンボート


特に、井の頭公園でこの都市伝説がまことしやかにささやかれ続ける理由が、この公園に祀られているある神様に因るところが大きいのをご存知でしょうか。

その神様は弁財天(弁才天)。

ヒンドゥー教の女神さまが仏教を経て、今では神道にまで取り込まれている、日本ではおなじみの女神さま。

才という字からわかる通りに才能に関する神様で、音楽や芸事から学問まで、とても多彩な信仰の対象とされています。

この弁才天、一点だけ欠点があり、それが嫉妬深いことだそうです。

その嫉妬深い弁才天が、ここ井の頭公園に祀られているために、定番都市伝説にまことしやかな裏付けがなされてしまったのです。

仲のいいカップルが楽しそうにボートに乗っているのを見るにつけ、あまり面白くない弁天様が、その神通力でふたりを別れさせてしまう。

いやはや神様には勝てません。