イラストマップ作成の マップハウス

イラストマップやロケ地マップ、観光マップに商店街マップまで、地図作成ならなんでもおまかせください。

超巨大地図をプリントアウトできる新サービス

壁一面


Mapionが、今まで制限があった地図プリントの制限を大幅に緩和。
そのおかげで、壁一面というような巨大プリントができるようになったそうです。

ご案内


超巨大印刷


「全画面表示&超印刷」は、地図をモニター画面一杯に表示させる全画面表示と、その全画面表示させた地図を最大で縦10枚、横10枚の合計100枚に分割して連続印刷できる機能です。


とのことで、プリントアウトした地図をつなぎ合わせていくと、簡単に巨大地図が作成できるという仕組み。

学校の授業などで使われるらしく、今までは限定利用でありながらも、月間100万回以上利用されているという、なんとも便利な機能。

とはいえ、個人では必要ありませんが、仕事や地域で必要なこともあるかもしれませんから、一度試してみてもいいかもしれません。

スマホのマップさえあれば迷子にならない?

スマホの地図アプリの性能は日に日に進化しています。
特に、googlemapは、google自体の進化のスピードが速すぎで、操作方法を解説しているはずの公式ヘルプページの情報が古いなんている状態を引き起こしているほど。

でも、本当にスマホがあれば迷子になりませんか。
続きを読む

マップ型情報冊子 その名も「京都えきにし通めぐり」

京都


京都観光は、どうしても祇園や京都御所、そして鴨の流れに東山と、京都駅をから離れて行ってしまうもの。

そこで、京都市はまずは駅前から観光をスタートしてもらおうと、イラストマップを作製したようなのですが、ここでひと工夫。

ただのイラストマップという呼び方をせずにマップ型情報冊子という名称にして、少しでもそのイラストマップを手に取ってもらおうと知恵を絞ったようです。

京都えきにし通めぐり

イラストマップならば、情報を1枚に集約できて実用性も高いということから、わかりやすい表記や便利な散策モデルコースの策定など、内容もなかなかの充実度。

上記リンク先からダウンロードできますから、京都観光の予定かある方は、ぜひ活用してみてください。

イラストマップを5万部刷ってまだ足りない!

BlogPaint


現在、NHKで放送されている『真田丸』に関連して、大阪城天守閣が作成したイラストマップ真田幸村ゆかりの地マップが、5万部刷ってもまだ足りなくて、なんと1万8千部も増刷してそうです。

幸村マップ在庫切れ続出 「大阪城天守閣」1万8000部増刷へ 産経新聞

通常、3000部から5000部程度、大きな自治体でも1万部刷ればいい方というのイラストマップですが、5万部刷ってもまだ足りないとは凄い。

大河ドラマ人気恐るべしといったところでしょうか。

イラストマップ作成料金事例 03

池袋演劇祭イラストマップポスター
このマップは、B2サイズのポスターとしてデザインされています


イラストマップの作成でかかる料金をわかりやすく解説。

今回は、街角に貼るイラストマップをメインにしたイベントポスターです。

イラストマップ料金表



イラストマップ作成は個別で計算します


イラストマップの料金の基本はサイズであるとご説明してきましたが、そのマップが複数あった場合は、個別で料金を計算します。

マップは、その場所ごとで要素が大きく変わるため、グロスで計算したり数量に対する割引という考えができません。

いっぺんに作ったからといって手間が省けるわけではありませんから、その点はご了承ください。

シンプルなマップはコマ地図あつかい


複数のマップを配置するデザイン自体はそれほど珍しいことではありません。
街全体で開催されるイベントなどの場合、会場ごとの地図が必要な場合はよくあることです。

ただその場合、個別の地図を詳細に描く必要はほとんどありませんので、サイズの関係なくコマ地図の料金で計算します。

今回のイラストマップポスターの場合は、個別の会場アクセスマップが7点ですので28,000円がアクセスマップの作成代金となります。


ポスターデザインとしてのイラストマップ


このポスターのメインデザインは、フクロウの形をしたイラストマップです。
ポスター自体のサイズはB2サイズですが、フクロウ部分のイラストマップ自体のサイズはエリアマップ程度で、通常のワイドマップのような情報欄もありませんから、エリアマップの料金18,000円が適用されます。

この時ご注意いただきたいのは、通常のワイドマップの場合はマップの周りに情報欄があり、マップとのトータルデザインをなしていますが、今回のポスタータイプの場合は、その部分を複数のエリアマップが構成しているという特殊なデザインだということ。

そのために、ワイドマップの料金を適用せずに料金計算をしました。


ブラッシュアップもシンプルな図案


ポスターは手に取って見るモノではないので、必要以上に作り込むことがありません。

そのために、ブラッシュアップも簡単で、特別な料金変動は発生いたしませんので、基本料金の6,000円となります。


このイラストマップの作成料金



イラストマップ料金



ポスタータイプのイラストマップですが、複数のマップで構成されているという独特のデザインでは、料金は単純な加算で計算できます。

今回のマップ作成代金のポイントは

■ 地図は複数個でも割引は発生しない
■ 地図のサイズの組み合わせでデザインされたものは、地図料金の合算が基本となる

独特な図案ですが、それが計算を単純にしてくれています。

映画『俺物語』のロケ地マップは、剛田猛男なみにビッグです



映画『俺物語』といえば、剛田猛男を演じるために、主演の鈴木亮平が30kg増量したことで話題となりましたが、この作品のロケ地マップも、30kg増量に負けないくらいビッグなものでした。

俺物語ロケ地マップ リンク先「せんだい旅日和」にPDFへのリンクがあります

仕上がりサイズはA4ですが、最近はやりの三つ折り仕上がりでのA4サイズ。
つまり、展開すると横幅630mmというビッグサイズ。

観光マップではこのサイズは特に大きいということはありませんが、ロケ地マップと考えると、やはり剛田猛男なみにビッグです。

それでいて、中はピンクのマップにロケ地でのシーンの写真が配置されているという、かわいい作りで、実はこれも剛田猛男っぽいといえるんですよね。

ロケ地マップは、作品のイメージを伝えるという重要な役割を担っていますが、その点ではこのロケ地マップは満点ですね。

こんなところでも、マップが威力を発揮しています

信長の野望


今年のNHK大河ドラマは、真田幸村が主役の『真田丸』。

三谷幸喜脚本で堺雅人主演という、2004年の大河ドラマ『新撰組』でコンビを組んだ二人が再度タッグを組みました。

前回は、「人気シナリオライターから大御所脚本家になるための登竜門」と言われる大河ドラマに初挑戦という三谷幸喜と、小劇場界からの大抜擢という形でNHK大河ドラマへ出演した堺雅人。
10年以上の時を経て、方や高視聴率俳優として、方や日本一忙しい舞台作家として、ともに数ランクステップアップしての大河ドラマ再挑戦で、どんな作品を見せてくれるか楽しみです。

そんな今回の大河ドラマ。初回視聴率が19.9%(関東地区・ビデオリサーチ調べ)となかなかの好発進を見せたのですが、ネットで話題になっているのは堺雅人の演技でも三谷幸喜の脚本でもなく、状況を伝えるために使われる3Dマップ

戦国時代といえば合戦シーンが一番の見せ場ですが、その時に重要になるのが対峙する両軍の位置関係。
今までの映画やドラマでは、これを的確に伝えることができずにいましたが、今やCGが当たり前の時代となり、この位置関係をどれだけわかりやすく、それでいて印象的に表せるかが監督の腕の見せ所となりました。

そこで今回起用されたのが、大人気歴史ゲーム『信長の野望』のプロデューサーシブサワ・コウ氏。

第1回で早くも信長の野望風のマップが登場すると、ネットでは「見慣れたデザイン」「ほとんど信長の野望」と、期待通りの出来だったことに好感触のコメントばかり。

マップが状況説明にどれだけ重要かというのを再認識させてくれる出来事でした。

ところで、こうなってくると、今年の大河ドラマを超えるために、来年の大河ドラマはジオラマあたりが使わるかもしれませんね。

イラストマップ作成料金事例 02

大泉学園ロケ地マップ
このマップは、A4サイズの紙媒体としてデザインされています


イラストマップの作成でかかる料金をわかりやすく解説。

今回は、人気ドラマ『相棒』のロケ地マップで解説です。

イラストマップ料金表



イラストマップのサイズだけでなくトータルデザインのサイズがポイント


イラストマップの料金の基本はサイズですが、そのサイズは単純にマップだけのサイズとは限りません。
アクセスマップのように、マップの中だけですべてが完結するタイプのマップはマップのサイズだけで計算できますが、イラストマップなどは、マップの周りの飾りや情報が重要な場合もあり、その場合はそれまでを含んだ料金となります。

イラストマップを成り立たせるレイアウト料金とお考えください


このマップはA4サイズで印刷されますが、地図の部分だけ見るとポイント地図の料金でもいいようにも見え間ます。

しかし、このロケ地マップはストーリー仕立てになっていて、マップ内の写真とマップの横に配置されたストーリーフィルム仕様のデザインとは連動しているので、料金としてはトータルデザインとして考える必要があるので、エリアマップの18,000円が適用されます。


イラストマップの企画意図に合わせてデザイン


イラストマップは何らかの企画意図があって作られるもの。
たとえそれが近所のお花見マップであっても、お花見の時期やポイント、イベントとしての諸注意なども記載する必要がでてきます。

写真の配置が最大のポイント


このマップはロケ地の紹介がメインですから、適切な位置に適切に写真を配置するのが一番重要。
通常はアイコンやイラストの数を基準にして作成しますが、それに写真の配置という要素も加味して料金を考えます。
そのため、桜を含めて15個のイラストアイコンを作成していますが、これは基本料金内の6,000円での計算にしました。

写真や説明文の取り扱いに関して


このロケ地マップでは12点の写真を使っていますが、それに対する料金はどう考えるのかご説明します。

マップハウスでは、写真を加工したり型抜きしたりしない限り、写真の加工料金はいただきません。
もちろん、写真が数十枚という数になれば、それを配置するだけでもひと苦労ですので、別料金の対象となりますが、角版の写真を配置するだけの作業に関しては、最終工程のブラッシュアップ内の料金と考えています。

今回のロケ地マップの場合は、写真をフイルム状に加工したり、地図の中にも長文の解説が入るために、2,000円ほどの追加料金をいただく形となります。


このイラストマップの作成料金



イラストマップ作成料金02


紙媒体でのA4サイズ、ロケ地マップの作成代金を解説しましたが、いかがでしたでしょうか。

今回のマップ作成代金のポイントは

■ トータルデザインでサイズを考える
■ 写真はデザイン要素との兼ね合いで料金が発生する

これをご理解いただく必要があります。
イラストマップの描き方

マップハウス料金表バナー

お店のパンフレット作りませんか『パンフレットハウス』

街はおもしろ看板がいっぱい『かんばん図鑑』

毎日が記念日『たろくろ記念日』

がん治郎's houseのネコたちをご紹介『ナツの1日』

お店のリーフットが簡単にできる『テンプレートハウス』

演奏会のチケットを作るなら『テンプレートハウス』

座席指定券を作るなら『チケットハウス』



ロケ地めぐりがしたくなる『フィルムkミッションがいっぱい』 アクセスマップの作り方教えちゃうよ



  • これなら誰でもすぐにわかる 実物看板
  • 目立たせたいものがしっかり目立ってます
  • 目立たせたいものがしっかり目立ってます
  • 切り張りで作られた看板が、挽きたての珈琲を連想させます
  • 切り張りで作られた看板が、挽きたての珈琲を連想させます
  • 焼鳥屋さんに多い、かわいい系の看板
  • 焼鳥屋さんに多い、かわいい系の看板
  • この迫力!鍋で食うより喰われそうです 本郷の魚屋さん
  • この迫力!鍋で食うより喰われそうです 本郷の魚屋さん
  • やっぱりチョークボード(黒板)は心に響きますね
  • やっぱりチョークボード(黒板)は心に響きますね
  • インナーマッスルってなんだか効きそうです
  • インナーマッスルってなんだか効きそうです
  • 書体と木枠がお店の雰囲気を伝える看板
  • 書体と木枠がお店の雰囲気を伝える看板
プロフィール
カテゴリ別アーカイブ